女房なら誰しも乳について恐怖を持っていると思います。容積やモデル、十人十色恐怖は違うと思いますが、そんな中でも歳を取ると本当に生まれる恐怖が乳の垂れだ。そもそもなぜ垂れるのか、ご存知でしょうか?女性は元から旦那と比べて筋力も少ないだ、しかし旦那とは異なり乳には脂肪が多数ついています。筋肉がないと、こういう脂肪をその周辺にとどめ続けることができないということです。皆さん筋力調達やバストアップのために掌を乳の先ほどで合わせて掌に力を入れて筋力増をはかったり、腕立てふせをしたりとしていると思います。しかし筋トレをしてかりに筋肉をつけたとしても、ちゃんと乳調達の働きをする筋肉のはりがなければ、調達はできないのです。有名なところで言うと大乳筋は当たり前ですね。その大乳筋の肌着の小乳筋こそがバストアップのために甚だ重要な役割を果たしてくれます。こぶしを45度に上げて妨害か柱を活かしこぶしと乳が逆方向に、引き伸ばされるムードを敢然と憶えるショップまで、最低でも20秒は伸ばしましょう。はりを塗るだけで乳が見違えるように弾力発想がでて、上がりになります。ピンキープラスを楽天で購入してみた